変形性股関節症

変形性股関節症とは?

股関節が歩いているときや立ち上がろうとするときに出る痛みの説明をしていきます。
どの年代でも起きる症状ですが中高年の方が多い印象があります。
その中でも女性の比率が多いのですがその中高年の女性が抱える股関節の悩みの90%以上は股関節が変形してくる「変形性股関節症」が原因と言われています。

変形性股関節症=臼蓋形成不全?

股関節には、臼蓋(きゅうがい)という受け皿のような部分があり、大腿骨の先端の骨頭が臼蓋に納まるように構成されています。
この臼蓋の形状が小さすぎるなど不完全なために、股関節に痛みを生じるのが「臼蓋形成不全」です。

先天的に臼蓋の形成が不完全な方は大腿骨側の軟骨に摩擦が生じ段々と軟骨が磨り減ってきます。
その結果として股関節が徐々に変形することにより炎症が起き痛みを感じるようになります。。
加齢や体重が重かったりすると関節に段々と負担が掛かり軟骨が減りやすくなります。

変形性股関節症の特徴は朝の起床時や椅子から立ち上がる時、歩き始めなど動作で痛みが出るのが特徴です。
動かさずに安静時でも痛いのは関節の変形がすでに始まっているかもしれません。

かんだ駅前鍼灸整骨院では変形性股関節症に対して股関節周りの筋肉の緊張を取り除き関節のストレスを減らしていく事で痛みを軽減していきます。

ここで気を付けてほしいのですが変形した関節自体は手術しないと治りません。

そして整形外科や病院でも歩ける状態であれば手術をしないで保存療法で様子を見ることが多いです。
また変形した関節を手術をしても痛みは0%になる方はほぼいないです。
当院の経験上で30%~70%の痛みが残る方が多いです。

日常生活をすることで自体重からの負担で関節にストレスが掛かり痛みがぶり返してきます。

かんだ駅前鍼灸整骨院では前記のようにストレスの掛かった疲労した筋肉を柔らかく柔軟にすることで股関節への負担を軽減することにより痛みを生じさせなくさせていきます。

筋肉は体を動かすものでもありますが関節の負担を軽減させてくれるものでもあります。

子供が怪我や痛みが少ないのは若いので回復力が高いので筋肉の張りや疲れが無くなりやすいので筋肉で関節の負担をカバーできるので痛みにつながりにくいのです。
しかし徐々に年齢が上がってくると回復力が落ちてくるために筋肉のコンディションが下がってきます。
そしてその筋肉で関節をカバーできない状態になると股関節に痛みが出てくるようになりやすいのです。
かんだ駅前鍼灸整骨院はそういった身体と筋肉のコンディションを良い形に整えて股関節の負担を軽減させ痛みに繋がらないように施術していきます。

今後も自分に足でしっかりと動き続けていく為にも是非ご来院を検討して頂けると幸いです。

かんだ駅前鍼灸整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。