皆さんこんにちは!
かんだ駅前整骨院の魚住です。
年内も残りわずかとなりました。
仕事に忘年会に大掃除に皆さんの身体は悲鳴をあげていませんか?
先日、当院の永桶が退職しました。
それに伴い当院でも皆で飲みに行くのも最後だからと言って結局3,4回は飲みに行っていた気がします(^^;)
今年の痛み今年のうちに♪
正月に不快な思いをしなくても良い様にしっかり治療していきましょう!
それでは本日のテーマです!
本日は大掃除の際に起こりやすいギックリ腰です!

皆さんはギックリ腰の経験は有りますか?
ギックリ腰は急性の腰痛捻挫、もしくは挫傷と呼ばれる症状の総称になります。
その為、人によって原因は様々です。
腰の筋肉に直接問題があるケース。
周囲のお尻の筋肉に問題があるケース。
首の動きが悪くなって起こるケース。
一番驚いたのが野球部の学生で肘の後ろ(上腕三頭筋)が過緊張し腰に痛みを起こしているケース。
本当に原因は多岐に渡ります。

よく身体が硬いから腰に痛みが出る、腰(腹筋)の筋力が低下しているから痛みが出るなどと言われますが、
本当の所はどうなのでしょうか?
今回から数回に分けて、まずは硬くなった筋肉の中では何が起きているのかを説明していこうと思います。

早速ですが皆さんはトリガーポイントという言葉はご存知でしょうか?
トリガーポイントとは筋力にある塊(硬結)の事でその中でも押す事で飛び上がる様な痛み、関連痛、冷や汗、鼻汁などが引き起こされるポイントの事で鍼灸のツボの8割方一致するポイントとも言われます。
イメージとしては羊羹の中に在る栗を想像して貰うと若干わかりやすいでしょうか?
栗にあたる所がトリガーポイントと言われる塊(硬結)となります。
人の身体には伏在的トリガーポイントと表在的トリガーポイントの二種類があります。
身体の中には数多くの伏在的トリガーポイントが存在するのですが、表面に出なければ症状としては出ません。
とある原因によって表に出てきた時に身体に痛みや痺れなどの症状として出てくるのです。
腰で言うと起立筋、腰方形筋や身体の前側にある腸腰筋、腹直筋なども腰部の痛みと関わります。
身体の前方に位置する筋が腰の痛みを引き起こすというのは意外だったのでは無いでしょうか?

次回は更に詳しく腰痛に関わる筋のトリガーポイントを紹介していきたいと思います。
それではまた!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

かんだ駅前整骨院情報

名称 かんだ駅前整骨院
所在地 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3栄立ビル3F
電話番号 03-5207-2769
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~14:00
アクセス方法 【電車】JR神田駅北口 徒歩3分

 

診療時間
10:00~20:30 土曜:10:00~14:00