こんなことで悩んでいませんか?

☑ なにもしてないのにいつも肩や首がだるい

☑ 肩がこっているのが当たり前になっている

☑ ひどくなると頭痛や吐き気がしてくる

☑ 毎晩シップをはっている

☑ よく猫背だと言われる

肩こりとは?

肩こりとは首や肩まわりの筋肉がこわばることによって、だるさや重苦しい感じがするものです。

人によっては悪化すると頭痛がしたり、吐き気がする人もいます。

肩こりの原因って何ですか?

肩こりの原因はずばり「血行不良」です。

肩まわりの筋肉が、長時間の同じ姿勢や、運動不足、良くない姿勢により血液の循環が悪くなり肩こりが起きてきます。

血行不良が起きると酸欠状態になり発痛物質が放出されます。
とにかく大事なことは肩まわりの筋肉を良く動かして血液の循環を良くしてあげることです。

肩こりを放っておくとこんなことも起きる?

 

  1. 頭痛や吐き気

    こめかみや後頭部に頭痛が起きやすくなります

  2. 手のしびれ

    肩こりがひどくなると腕や手のしびれが起きる可能性もあります

  3. 寝違えや急な背中の痛み

    寝起きの身体が固い時に起きやすくなります

  4. 息苦しい

    背中が固くなり肋骨の動きが悪くなるため呼吸が苦しい感じがします

  5. 四十肩・五十肩

    腕が上がりにくくなり、寝てても痛みが出たりします

肩こりを良くするにはどうしたらいいの?

肩こりというとマッサージという人も多いのではないでしょうか?
マッサージは筋肉をほぐし血行を良くしてくれるため一時的には良くなります。
でもただ、肩の筋肉を揉んでいるだけではなかなか良くなりません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

まず一番見直さないといけないのは「姿勢」だと思います。
人間の頭の重さは約3~4㎏あります。(ボーリングの球で言うと10ポンドくらい)
それを細い首で支えています。

イメージしてほしいのですが棒の上にボールが乗っている状態です。
まっすぐの棒の上にボールが乗っていれば安定して乗っていると思います。
​しかし最近はパソコンをしている時のあごが出て背中が丸まった姿勢だったり、

スマホを見ている時の下をずーっとみている姿勢が長時間続くことによって絶えず肩や首の筋肉に負担がかかっています。

また人間はもともと手をよく使うため手の使い過ぎにより、肩甲骨がだんだん前の方に移動してきます。 そうすると肩甲骨から背中についている筋肉が伸ばされることにより血行不良が起き肩こりが起こります。

まとめると肩こりをよくするポイントは2つです。

 姿勢を正して前かがみやあごが出た姿勢をなるべく控えること。

 前に出てしまった肩甲骨を後ろに戻すこと。

そこでかんだ駅前鍼灸整骨院山根悟骨格LABOでは

こんなことをしています。

 

まずは原因をしっかり追究!

どうして肩こりになってしまったのか?」お話を伺い、まずは今の身体の状態がどうなっているのか検査していきます。

 

おひとりおひとり身体に合わせた施術!

まずは症状の出ている原因を取り除いていきます。次に肩こりがでにくい身体にしていくために背骨や肩甲骨周りを整えていきます。

日常生活で再発させないためのアドバイス!

いくら施術で身体の調子を整えても、また自分で悪い姿勢や習慣をしていると肩こりは起きてしまいます。
そうならないように日常生活での注意事項やストレッチなどアドバイスさせていただきます。

 

かんだ駅前整骨院情報

名称 かんだ駅前整骨院
所在地 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3栄立ビル3F
電話番号 03-5207-2769
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~14:00
アクセス方法 【電車】JR神田駅北口 徒歩3分

 

診療時間
10:00~20:30 土曜:10:00~14:00