皆さんこんにちは!かんだ駅前整骨院スタッフの魚住です。

数日前にこの冬で一番の寒波が押し寄せていました。各地で雪が降りセンター試験も開始時間を遅らせている所もあったようです。

東京都内は今シーズンは雪が降っていませんが降るのでしょうかね?

さて今日のテーマは肩の痛みの代表的な物の4つ目になるインピンジメント(衝突)症候群です。

果たしてどの様な症状の事を指すのでしょうか?

積雪で電車が止まり傘を差して家路に向かう

肩を動かしただけで痛みや音が鳴るんです…

皆さんの中にもこんな経験をされた方もいるのではないでしょうか?

人によっては異音だけでなく、痛みを伴うケースもあります。

当院でも肩の動きを診た時に関節から音が聞こえる方がいらっしゃいます。

肩関節の中ではどのような事がおきているのでしょうか?

肩こりが酷いIT系エンジニア

肩関節の構造

肩関節は上腕骨(腕の骨)と肩甲骨(背中側にある羽のような骨)で構成されています。

厳密には鎖骨や胸骨や背骨も関係していますが、ここでは上腕骨と肩甲骨に的を絞ってご説明していきます。

上腕には22の筋が付着し、肩甲骨には16個の筋肉が付着しています。

この筋肉が普段はバランス良く連動して動いているのですが、何かしらの原因で筋肉が緊張したり、筋力が低下する事によってテンションがかかり肩関節がスムーズに動かなくなり、結果肩を動かした際に痛みが出る様になります。

具体的には肩の上側に付いている棘上筋(腱板)という筋肉が肩関節を包み込むように存在しています。また、肩関節には肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)という袋が骨と筋肉の間に存在することで、腱板が動きやすいようにクッションのように衝撃を吸収して腱板を保護しています。

インピンジメント症候群とは肩をあげたり動かすときに腱板や滑液包などが肩関節で衝突したり挟まることで痛みを起こして、それ以上に動かすことができなくなる症状です。

 

どうやって治していくのか?

人によって原因は様々ですが基本的にはまず、緊張が強くなりすぎている筋肉を緩め、その後に肩甲骨や背骨、鎖骨、肘関節、手首の動きをつけていく事で肩関節のひっかかりが取れ痛み無くスムーズに動いて行くようになります。

鍼治療やテーピングも有効なケースが多いので必要に応じて併用しながら治療していきます。

痛みを我慢せず慢性痛になる前に治療していきましょう!早期治療が重要です。

千代田区、神田、東京駅、日本橋、秋葉原、御茶ノ水エリアの接骨院、鍼灸院のかんだ駅前整骨院では朝10時~夜8時30分まで休憩時間なく診療しておりますので仕事で忙しい方でも通院していただけます!

鍼灸師用の鍼

かんだ駅前鍼灸整骨院情報

名称 かんだ駅前整骨院
所在地 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3栄立ビル3F
電話番号 03-5207-2769
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~14:00
アクセス方法 【電車】JR神田駅北口 徒歩3分

診療時間
10:00~20:30
土曜:10:00~14:00